2006年09月13日

荒らしより怖い、「共感しすぎる」読者の存在(日経BP)

BBSに、見ず知らずの人々が続々と感想を書き込んでくださるではないか。ライターは小説家と違い、読者の存在が見えない。書く時に読者を一応「想定」はするが、まったくもって妄想でしかない。なんせリアクションなど皆無なのだから。ところがBBSには間違いなく「読者」がいる。それは、なににも替えがたい喜び、歓び、悦びだった。

 インターネットは「便利だから」使っているという人が大半だろうが、「寂しいから」のめり込む人も、少なからずいる。だからインターネットは心の闇を照射する“魔界”と呼ばれるのだ。そして、「当時は迷惑だと思ったけれど、あれほど熱心な読者がいたなんて、ある意味ライター冥利に尽きるよな」と、ふと懐かしく、そしてふと寂しく、往時の魔の味を思い出すのである。


元記事

インターネットが普及する前、自分の意見をいろんな人に聞いてもらう手段なんて新聞の投書欄に載ることぐらいしかなかった。でも今では誰でも簡単に意見を発表することができる。

ただ、いろんな人に意見を聞いてもらえるって事は、いろんなリアクションが返ってくるってことでもあるんですよね。だから当然自分が期待していた以外のリアクションが返ってくることだってある。非難が殺到して炎上するだけじゃなくて、この記事みたいに自分が期待していた以上のファンができてしまうとか。
いつでも誰でも見れるということは、逆に言えばいつでも誰かに見られてる、しかも話すことと違って削除するまでずっと残るし文章の解釈は全て読者に委ねられることになる。その結果、自分の意図しなかったコメントを全て受け止めなければいけなくなるとしたらそれは苦痛にしかならない。

だからある意味ブログに書くってことは気楽に書けるどころか、現実に友達とかと話をする以上に気を使わなければいけないのかもしれない。

何か今週になってSPAで炎上が記事になってたり、巡回してるサイトさんでそういう記事が結構あったのでそう思った。

最近見かけた記事

あなたのサイトはこう終わる!(改訂版)ゴルゴ31様経由)
閉鎖するな!と言い張るのは単なる妄想に過ぎない(白い戯言様)
「サイト(またはブログ等)を閉鎖してよかったと思いますか?」とサファリ問題(切込隊長BLOG(ブログ)様)





ブログランキング
人気ブログランキング
クリック募金−クリックで救える命がある。
クリック募金−クリックで救える命がある。

posted by moto at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23714284

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。