2006年09月19日

アクセス解析について(日経BP)

危険性としてあるのは例えば会社のネットワークからアクセスした場合。
そこそこの規模のIT系の会社であれば固定IPを取っていますので、簡単に特定可能です。
先日、楽天の社員がウィキペディアの楽天に関する項目で楽天に不都合な記事を削除してしまうという事件がありました。
しかも、間抜けな事にそれを楽天社内から行ったために残されたIPであっさりバレて楽天は自社に都合の悪い記事を改竄した会社として大恥をかいてしまいました。
(詳細)

つまりは仕事中に私用でネットを使うなってことですね。会社で閲覧履歴チェックしている会社もありますし。でもこれは間抜けすぎ。

私の場合は正直アクセス解析は使いこなせてるとは到底いえないですね。




ブログランキング
クリック募金−クリックで救える命がある。

posted by moto at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23975822

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。