2006年09月20日

糸山氏がテレビ東京株を買い増し、発行株の5%超に(朝日)

日本航空<9205.T>の大株主として知られる元衆議院議員の糸山英太郎氏は20日、ロイターのインタビューで、保有するテレビ東京<9411.T>株式が、発行済み株式総数の5%を突破したことを明らかにした。同日、関東財務局に大量保有報告書を提出した。

 糸山氏が20日までに取得したテレビ東京株式は105万株。9月に入りほぼ連日買い進め、20日に発行株の5.08%まで上昇した。糸山氏はテレビ東京株式を買い進めた理由について、同局とのスポンサー契約をめぐるトラブルをきっかけに、テレビ業界が抱える構造的な問題などについて疑問を持ったことを挙げ、「放送業界は(スポンサー契約継続の)契約書もない。テレビは何でもありなのか」と、業界の古い体質を痛烈に批判した。
詳細

まず、糸山英太郎について説明しとくと、所得日本一の父親を持ち、田中政権下の74年参院選で初当選するものの、数億円をばら撒き、選挙関係者から暴力団関係者まで大量検挙され、“史上最悪の金権選挙”の主役に躍り出た人です。
こんな人が年取って突然変異を起こして社会悪を憎むようになるとも思えないのでちっとも説得力ないよ。

参考:wiki




ブログランキング
クリック募金−クリックで救える命がある。

posted by moto at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。