2006年09月21日

国旗、国歌は義務でない・地裁、都に賠償命じる(日経)

東京都立高校などの教職員401人が都と都教育委員会を相手に、入学式や卒業式で国旗に向かって起立し、国歌を斉唱する義務がないことの確認などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は21日、既に退職した32人を除く原告に国歌斉唱などの義務がないことを認め、斉唱しないことなどを理由とした処分を禁じ、都に1人当たり3万円の損害賠償も命じた。

 難波孝一裁判長は判決理由で「国旗に向かって起立したくない教職員や国歌を斉唱したくない教職員に対し、懲戒処分をしてまで起立させ、斉唱させることは思想良心の自由を侵害する行き過ぎた措置だ。国旗、国歌を自然のうちに国民に定着させるという国旗・国歌法の制度趣旨や学習指導要領の理念に照らし、斉唱などを強制する教職員への職務命令も違法」との判断を示した。
詳細


これは聞いててすっきりする判決ですね。
そもそも国旗国歌法が成立する時、「これは強制ではない」という政府答弁がありましたし、判決も“人権を侵害できるのはその目的が必要不可欠でかつその侵害度合いが必要最小限であるときだけ”という判例にも則ってますし。

それにしてもこのことに対する小泉総理の発言がとんでもない。

「法律以前に人間として国旗・国歌に敬意を持つのが当たり前。」

この人があれだけ反発がありながら靖国に行く理由が良くわかりますね。
まず、憲法尊重義務のある公務員がその下位にある法律を無視する時点で公人失格ですし、第一「あなたが当然と思う世界はあなたに見える範囲だけ。でも、それだけが世界じゃない。」というのが民主主義の基本概念で、だからこそ個々人の価値観に頼らないルール、法が支配する法治主義を取っているわけです。
それが理解できないならば彼の考え方は中国のような人治主義か社会主義国のような全体主義だ。

近頃は国旗国歌のほかにも教育基本法改正、下降史観の歴史教科書とか子供をダシに大人が自分の考えを押し付けようと流ればかりで、押し合い引っ張り合いになった教育はアザだらけだ。
私はそもそも安倍氏とか文科官僚とか小学校から私立で公教育を受けたことがないような人が好き勝手に教育をいじくりまわすことそのものに問題があると思いますし、第一「わからないところは塾で聞きなさい」なんていう公教育はもう必要がないと思いますが。




ブログランキング
クリック募金−クリックで救える命がある。

posted by moto at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24178575

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。