2006年10月09日

個人ブログで「悪口」 それはもう危険なのだ(livedoorニュース)

ごく普通の従業員が自身のブログのなかで客の悪口を言ったために、ブログが閉鎖に追い込まれる――こんな「事件」がネット社会で起きている。ブログ閉鎖ではおさまらず、会社のHPで「お詫び文」を掲載する事態にまで発展してしまうこともある。つい本音で書いたのが命取り。たかが個人のブログ、とはいえない時代になりつつある。詳細


こういう事件で有名どころだとネイサンズスタッフがコミケの客を侮辱したやつでしょうね。
前も書いたけど、親しい友人向けのサイトやアクセス数の少ないブログでも誰でも見れる状態になっている以上自分が悪口を書いた相手も見ている、ぐらいに思って書く必要があると思います。


つまり、本音でも言っていいことと悪いことがあるということです。

参考記事:
ネイサンズ きんもーっ☆ 笠間ゆかり まとめサイト
荒らしより怖い、「共感しすぎる」読者の存在(日経)





1日1クリックお願いします。
1日1クリックお願いします。
posted by moto at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。