2006年11月01日

受験偏重は悪か?受験戦争はなくならない。

シェアブログ5963に投稿



最近履修不足の学校が山ほどあるけどこれ見てると今の日本の高校は4つに分類できるんじゃないかな?


Aタイプ:有名私大付属校で受験関係なし。だから文部科学省のカリキュラムに従いつつ自由にやってる高校。
Bタイプ:進学校を謳って、受験に特化した高校。塾や予備校に行かなくても有名大学に合格させますよ。
Cタイプ:文科省に従ってやってる高校。受験?予備校にでも行ってください。
Dタイプ:そもそも就職メインだから受験関係ないよって高校。



もちろん今問題になってる学校はBタイプ。たぶん中には後半年逃げ切ろうと考えてる高校もあるだろうから私立進学校とか県立上位校は大体入るんじゃないでしょうか?


じゃあこういう学校は本当に問題があるのか?そもそも受験科目を増やす傾向の中で授業科目を増やした文科省の方針に問題があるんじゃないか?
確かにまじめに履修した学校からは不公平に見えるだろうけど、1・2年の数十時間と3年のこれからの時間の重要性はわけが違うのだからやむをえないと思う。そもそも社会なんて理解するだけなら授業聞かなくても教科書読めばわかるんだから(別に社会に限らないけど)、ページ決めて読ませてレポート提出でいいんじゃない?もしくは社会という名の自習



と、こう書くと必ず出てくるのが「高校は受験のためだけの場じゃない」という反論。
じゃあ逆に質問するけど、少しでも社会に出た人で高学歴の効能を知らない人がいますか?


毎年募集される東大を初めとする偏差値上位大学の入学枠はさながら値上がり間違いなしのIPO(新規公開株)の売り出しみたいなものです。手に入れられれば一生配当をもらって安泰、とまでは最近ではいかなくなったものの、今でもその配当と優待の内容は多くの人を魅了するに十分です。


だから、いくら批判しようとも学歴株が高配当を続ける限り受験戦争はなくならない
自分の子供に高学歴株を持たせるために親は先行投資を惜しまず、塾や予備校に通わせ、名門私立大付属や中高一貫校に通わせて少しでも高い最終学歴を手に入れようとする。
別にそれは責められるものではなく、手に入れられる可能性があるのなら試してみるのは当然ですし、学校がそのニーズに応じようとするのもある意味当然です。そして今回こういう形で問題になった。


今のように予備校に通わなければ高学歴を得られないのならばそれは親の所得で最終学歴が決定されることとなり格差の固定につながります。
ですから文科省も教育委員会も学校も責任の擦り付け合いをしていないで、今こそ受験という問題から逃げずに正面から向き合うべきではないでしょうか?





1日1クリックお願いします。
1日1クリックお願いします。






タグ:履修 大学 受験
posted by moto at 23:42| Comment(32) | TrackBack(6) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

逃げ切れる世代と逃げ切れない世代

シェアブログ23に投稿

今日は敬老の日なんだけど、自分達はもらえないとわかっていて老人達を支えるためにせっせと年金を払ってる日本の現役世代がこれ以上何を祝えと?


これから日本で一番大きな対立が起こるのはこの“逃げ切れる世代”と“逃げ切れない世代”の対立になるのではないでしょうか?
年金ならば払った額以上にもらえる世代ともらえない世代、借金をして今の暮らしを死ぬまで維持できる世代と破綻した財政の建て直しをしなければならない世代、終身雇用に守られて、若手社員に犠牲を強いて管理職になって給料がもらえる世代と、実力主義になって管理職になっても給料が上がらない世代。環境破壊が致命的なレベルに達するまで生きていない世代と生きている世代。皆中流でいられる世代と低流に落とされる世代。
簡単に言ってしまえば「俺達は死ぬまで今の生活を維持したいから後はよろしくね。」と言える世代と言えない世代です。


この2つの世代がどのような対立を起こすというかといえば、“逃げ切れる世代”は現状維持が最大の目標であり、利益になります。逆に“逃げ切れない世代”は一刻も早く問題を解決しないと“逃げ切れる世代”のツケを全て押し付けられるので改革を熱望するわけです。

実際先見の明がある“逃げ切れない世代”の人間は、すでに海外へ脱出したり、会社を立ち上げたりして破滅への流れに抗おうとしています。そしてそういった“逃げ切れない世代”の上流階級が自己防衛に走れば残された”逃げ切れない世代”はさらに不利な状況に立たされることになります。



じゃあどうすればいいか。
まずは政治・経済の中枢を“逃げ切れる世代”から奪い取り、”逃げ切れない世代”の人間を据えること。合法的に革命を起こせるのが民主主義の利点なのですから、これは選挙で党派以前に候補者の年齢を重視して投票し、株主総会で取締役に直接ものをいう機会もあります。

スローペースなやり方なのですが、今の日本には革命は必要なく、早急な改革をして問題点を修正するだけで充分だと思います。
現在の日本は、最近とやかく言われてもなお、格差も犯罪率も少なく、一応は言論や職業選択などの自由も保障されている。ほんの60年前までは世界で最も好戦的な国のひとつだったのに、自身で平和憲法を持って戦争もせず、世界で有数の核大国になれるだけの技術も核物質もあるのにそれもしない。平和ボケなんて批判されるぐらいに平和が当たり前と、政府のレベルの低さが玉に傷なだけで世界でもトップクラスの恵まれた国だと思います。
だから現状を根底から覆す必要はない。現状を維持しつつ、短期的ではなく長期的により良い国にするために変化を恐れない、“逃げ切れない世代”がもっと声を挙げていくことが必要なのではないでしょうか?




ブログランキング
クリック募金−クリックで救える命がある。






この記事はブログルポに登録しています。

人気ブログ記事検索 ブログルポ
posted by moto at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。